木看板ドットコム » 看板の彫刻と色つけ

こんにちは

木看板ドットコム
長野です。

さて、本日も看板の彫刻と色つけ作業です。

色つけは様々な筆を使い、色をつけていきます。

かまぼこ彫り部分は

絶対にはみ出してはいけないので、

慎重に色つけしていきます。

V彫り部分は特殊なシートを木地に張ってから彫刻です。

この様にすると、色つけをするときもはみ出すことがないので、技の一つです。

そして、先日、看板用の素材を仕入れしました。

丸太買いです!!

しかも2本!!

栃の木とマカバです。

どちらも白っぽい色合いが特徴の素材で、

明るい看板を作りたいというご要望が多いので、

仕入れする事にしました。

これから人工乾燥機に入れ、じっくり乾燥予定です。
これが人工乾燥機内です。
すでに大量に一枚板が入っております。

彫刻技術、天然木の在庫量も
木看板の業界では日本トップクラスと思っております。

全て自社で仕入れから、加工、販売までしておりますので、
きめ細かなご要望もお応えしております。

たとえば、
こちら↓↓

欅のうねるような木目を使用した表札です。

裏面の鍵穴加工も、もちろん自社加工です。

納期にも間に合わせ、お値打ちに出来る、

木看板ドットコムの強み、
『一貫加工』です!!