木看板ドットコム » あなたのお店の専属営業マン

「看板はできる限り安くしたい」

きっとあなたもそう思うかもしれません。確かに、できる限り安くしたい部類かもしれませんね。(特にこれから開業する方にとっては、その思いは強いことでしょう)

しかし、看板製作の費用を安くしてしまうと、安くした分だけデメリットもあります。今回の記事は「安くすることのデメリット」について書いていこうと思います。

看板を作る費用を安くすると・・・?

「木の材質」が大きく変わる

私たちが取り扱う木の種類はおよそ30種類以上あります。(おそらく木の看板屋さんとしては最大級ではないでしょうか)

そして、私たちが一番オススメしているのはケヤキという樹種です。なぜなら、硬い材質で反りにくく、割りにくいのです。そして、見た目の高級感もあります。価格帯もそこまで高いわけでもありません。

(このページの最初に載せた写真がケヤキです!)

ですが、看板の予算を低くしてしまうと別の材質になってしまう可能性が高くなります。例えば「スギ」は比較的安い材質になりまが、木が柔らかく軽いため、キズが付きやすく、反り・割れもおこりやすくなってしまいます。

小さいサイズ、室内用であれば柔らかくて軽い木でも良いかもしれませんが、お店を代表する看板はケヤキがオススメです。

入れられる文字・イラストが少なくなる

文字の彫り、刻印できる数が限られてしまいます。

ですから、あなたが「本当に伝えたいこと」を伝えられたくなってしまいます。集客面から見るとあまり良くはありませんよね。

例えば予算を削除するために「送料無料」「会社ロゴ」「営業時間」などを省いたらどうなるでしょう?

当然ですが、あなたのお客様に「伝えなければいけない情報」を伝えることができなくなってしまい、来店者数は減ることになってしまうでしょう。

選べるデザインが少なくなる

もし、あなたがイラストレーターなどで制作したデザインを持っているなら、問題はありません。しかし、デザイン制作もご依頼頂く場合、選べるデザインが少なくなってしまいます。

これも集客面で見ると「他とは違う看板」にすることが難しくなります。

あなたのお店の専属営業マン

看板はあなたのお店の専属営業マンです。お店の外に置いておけば24時間あなたのために営業をしてくれます。

もちろん予算も重要なことだとは思いますが、できる限りあなたのコダワリを実現させて、お客様が来店してくれる「専属営業マン」を実現してください。

予算のこと、デザインのことなどなんでもお問い合わせくださいね!