木看板ドットコム » 「どこにでもある営業中」VS「どこにもない営業中」

こんにちは!

私たちに相談頂くお客様のトップ10にランクインするのが「飲食店」のお客様です。お店の表にバーーーーンッッと取り付ける大型の看板もあれば、目立たないような小型の看板の制作依頼もあります。

「看板 = お店の名前」というイメージがありますよね。

しかし、今回紹介する「営業中」も立派な看板です。というよりも「営業中」がないと、お客様はお店に入りにくくなってしまいますよね(笑)「え~っと、やってるのかな?」「なんかやってなさそうだからやめておこう」とかなったら、一大事です。

ですから、飲食店に入るお客様がお店の看板の次に見るもの、それが「営業中」です。

今日はその「営業中」の看板を紹介しますね!

これが「どこにでもある」営業中

飲食店ならどこでも見かける営業中がこれですね・・・。本当にどこにでもあるような営業中です。

ですから、これを見る人は「あ、お店やってるね」ぐらいにしか思わないはずです。

 

しかしですよ?

 

お店をやっているなら、、、、

 

営業中ってどうせだすなら、、、、。

 

お客さんにお店を覚えてもらいたいと思いませんか?

「営業中の看板がちょっと変わっていたところ!!」って。

「営業中」だってもっと目立って良いじゃないですか!(笑)

 

これが「どこにもない」営業中

と、いうことで・・・。これが現在、私たちが試作している営業中の看板です。

ここにあなたのお店の名前、ロゴなどを入れることができて、あなたのお客様に印象を付けることができるはずです。ちょっとした集客ツールになるかもしれませんね。

これはラーメン屋さんからの依頼で試作しているのですが、このドンブリのイラストにロゴを入れようと考えています。

ぶっちゃけ、高いのか?

正直、「どこにでもある営業中」に比べるとほんの少しだけ高くはなってしまいます。(イラスト、ロゴの複雑さにもよります)

しかし、これであなたのお客様に少しでもお店を覚えてもらうことができたら・・・。きっとあなたも高いとは思わないはずです。

「どこにもない営業中」、もし少しでも興味があったらご連絡ください。あなたからのご相談をお待ちしております!